株式会社 夢みぃな

作品

  • 伊東ゆかり
  • 宙美

Single

タイトル:

ふたりの小舟
~The water is wide~

日本語詞:山川啓介
詞・曲:Traditional
編曲:竹野康之

タイトル:

二人の並木径(なみきみち)
~Walk With Me~

作詞:Howard Greenfield
作曲:Neil Sedaka
日本語詞:永島 哲
編曲:小松 久

発売日: 2007年6月6日
発売元: 247ミュージック
価格: ¥1,260(税込)
プロデュ-ス:小松 久 ゲスト・ヴォ-カル:伊東ゆかり
世界中で愛されたトラッドのメロディが日本語詞と宙美のヴォーカルで甦る!

つい最近までTVCM(三井のリハウス)で大量にOAされていた、「The water is wide」というトラディショナル曲があります。この曲の起源については、アイルランド民謡という説や、イギリスの「Waly,Waly」という古いメロディがスコットランドの古いバラッド「Lord Jamie Douglas」の詞の一部を当てて「The water is wide」と歌われるようになったという説があります。移民と共にアメリカに渡ったこの曲は、たくさんのフォークグループによって歌われてきました。中でもピーター・ポール&マリーが60年代に「There is a ship」という曲名で歌い、広く知られるようになりました。日本でも白鳥英美子さんはじめたくさんのミュージシャンが歌っています。

日本では三井のリハウス以外にも東京電力やTOYOTAなど、数多くの企業のTVCMで使用されており、一度メロディを聴けば、「あ、あの曲!」とすぐにわかるほどお茶の間に浸透しています。

今回、宙美のデビュー作となる「ふたりの小舟~The water is wide~」はこの「The water is wide」のメロディに新たに山川啓介氏が日本語詞をつけた作品で、プロデュースを小松久氏(ヴィレッジ・シンガーズ)が担当しています。さらに最大の話題は、お母さんの伊東ゆかりさんがゲスト・ボーカルとして参加しており、デビューに華を添えています。世紀を越えて世界中の人々に愛されてきた素朴で心に残るメロディーラインは聴く人の心をとらえて離しません。

又カップリングの「二人の並木径(なみきみち)~Walk With Me~」は、お父さん佐川満男さんのソロ・デビュー曲のカバー作品です。ニール・セダカ作曲の懐しい60年代ポップスが現代に蘇ります。

バラードとオールディーズ、それぞれに宙美らしさが感じられる個性的なデビュー・シングルとなりました。

(株)徳間ジャパンコミュニケ-ションズ 03-6381-7756

(株)小澤音楽事務所 03-3404-4546


最新コンサート情報

■伊東ゆかりコンサート2018
 〜縁もゆかりも、、、60年〜

7/21(土) ティアラこうとう (東京都)

■ライヴハウスツアー 伊東ゆかり・センチメンタルJazzジャーニーvol.3

10/12(金) ルネスホール(岡山県)
10/14(日) 名古屋ブルーノート(愛知県)
10/15(月)  フラミンゴ・ジ・アル―シャ(大阪府)
10/27(土)  JZ Brat SOUND OF TOKYO(東京都)

■3人娘コンサート

9/20(木) 新歌舞伎座 (大阪府)

その他のコンサート情報はこちら